品川エリア(品川・田町)の賃貸オフィス

高層ビルが立ち並び、東京都からアジアヘッドクォーター特区として指定されている品川・田町エリア。リニア新幹線の開通や山手線新駅の開業を控えており、ビジネスマーケットの急拡大が見込める注目度の高いエリアです。

地の利を活かし外資系企業の誘致にも力を入れており、これからの日本を背負って立つ地域といっても過言ではありません。

オフィス街を抜けると、スポーツセンターや下町感の残る飲食店も点在。ビジネスマンの心身にやさしい、人情味の溢れる街としての顔も魅力的です。

品川・田町周辺エリアの賃料相場

坪数 平均賃料(月)
50坪以下 15,131円/坪
50坪~100坪 15,583円/坪
100坪~200坪 18,474円/坪
200坪以上 18,745円/坪

※出典:東京オフィス検索『港区 浜松町・田町・品川・高輪エリアのオフィス空室相場』(2017年11月調査)

品川インターシティや品川シーズンテラスなどの大型オフィスがそろう品川。駅前・ベイエリアの高層ビルやタワーマンションのほか、三田エリアに中小オフィスビルや雑居ビルが密集する田町。

再開発が活発化している地域で、まちが再整備されるに連れて賃料相場の高騰も予想されます。現在の坪数別賃料相場はいずれも10,000円台で推移していますが、これがハネ上がるのも時間の問題でしょう。

それにともない入居関連のコストも上昇すると思われますので、できるだけ出費を抑えてオフィスを移転させたいのであれば、まさに今がそのときかもしれません。

品川エリアにオフィスを構えるメリット

ビジネス街としての歴史が古い品川エリア。SONYをはじめとした大手企業が多く並びます。

近年は外国企業50社以上の誘致をめざし、アジア地域の企業業務統括拠点や研究開発拠点としても知られている「アジアヘッドクォーター特区」に指定されています。これにより、グローバル企業をはじめ多種多様な企業が多く集まっており、ビジネスチャンスが増えています。

再開発が進む天王洲には高層ビルが立ち並び、大手通販サイトを運営する楽天が参入するなど、注目度が日々高まっています。

また、巨大ターミナルとなっている品川駅は山手線だけでなく、東海道新幹線や成田エクスプレス、常磐線などが通っているため、地方や海外へのアクセスも大変便利です。 周辺にはホテルが多く立ち並び、高級レストランも多くテナント入りしているため、接待シーンにおいても大いに活用できるでしょう。

2027年には中央リニア新幹線の開通が予定されており、品川駅~名古屋駅まで新幹線で1時間29分から最短で40分と大幅に所要時間が短縮。アクセスの良さが高まり、新たな副都心としての機能集中も予想されています。

品川エリア

首都高速とオフィスビル群

交通事情

品川の魅力は、なんといっても充実した交通インフラです。

品川駅はJR東日本の各線、東海道新幹線、京浜急行電鉄の本線が乗り入れるターミナル駅となっています。主要駅である東京駅や新宿駅へは乗り換えなしで発着できますし、さらに、新幹線も停車するので名古屋や大阪など主要なビジネス街へのアクセスもきわめて良好です。

品川から新宿間は20分、池袋までは30分、羽田には約20分。成田には約1時間20分かかりますが、直通で乗り換えなく向かうことができます。

成田空港や羽田空港までの直通で行けるということもあり、空へのアクセスも申し分ありません。

オフィス事情

開発が進み高層オフィスビルが多くなってきていますが、駅から少し離れると下町の風情も残っていて、趣のある街だといえます。

品川駅付近の品川インターシティや、新木場方面の品川グランドコモンズといったビル群がオフィス街の中核を担っています。

品川インターシティはA・B・Cの3棟から成っており、各棟にIDEC、フルークジャパン、ニコンなど外資系企業も数多く入居しています。

さらに、予約をしておけば、全室合わせてキャパシティ200人を超える貸会議場を9:00から20:00まで使用することが可能で、会議から懇親会やパーティができる会議室の用意もあります。

会議後には低層階に入っているレストランや、緑地部であるセントラルガーデンで疲れを癒すこともできます。

品川グランドコモンズの一角にある品川グランドセントラルタワーには、日本サムスン、日本マイクロソフト、NTTソフトウェアといった日系・外資系問わず最先端のIT企業がオフィスを構えており、海外からの情報を最先端でキャッチできるエリアといえます。

品川シーズンテラスの竣工もあり、品川エリアは今後もさらにオフィス街としての存在感が強まり、賃料相場の上昇が予想されています。

品川駅周辺にオフィスを構える主要企業

  • コクヨ
  • マイクロソフト
  • 三菱重工
  • キヤノン

名だたるグローバル企業の名前が連なる品川エリアには大手IT企業、財閥系商社、重電企業、世界的メーカーなど様々な業態の企業が集まっており、幅広いビジネスチャンスが期待されます。

品川エリアの狙い目スポット①「北品川駅」周辺

北品川駅は京浜急行の停車駅。JR山手線などが発着する品川駅や田町駅と比較するとあまり知られていない駅かもしれませんが、その裏を返せば穴場地域として狙い目となります。ここでは北品川駅周辺に賃貸オフィスを構えるメリットについて見ていきましょう。

品川駅の南に立地しているのに、なぜ「北品川駅」なのか。これは古くからの地名の名残で、目黒川から見て北側が「北品川宿」と呼ばれていたことに由来しています。

オフィス賃料相場

まずはオフィス賃料相場について、品川駅と比較してみていきましょう。表は共益費込みの坪単価となります

  20坪~30坪 30坪~50坪 50坪~100坪
品川駅 15,400円 13,700円 19,900円
北品川駅 10,900円 11,900円 15,500円

※出典:officee(2017年9月調べ)

あくまでも算出時の価格となりますが、北品川駅の賃貸オフィス相場は品川駅と比べて安価な水準となっています。

品川駅高輪口から徒歩約10分の立地

続いては北品川駅のアクセス面について紹介します。JR山手線や京浜東北線、東海道線などが発着する、都内でも有数のターミナル駅である品川駅と比較すると、北品川駅への交通手段はどうしても見劣りしてしまいます。

しかし、北品川駅は品川駅高輪口から徒歩約10分。品川駅を通勤最寄り駅として十分に利用できる範囲です。京急本線で乗り継いだ場合は、品川駅から約2分。北品川駅は大きな駅ではないので、駅構内から短時間で出られることも魅力のひとつです。利便性はとても高く、先の賃貸オフィス相場を踏まえると、相当にコストパフォーマンスの高い地域であることは間違いありません。

大型オフィスビルが増えビジネス街として成長中

北品川駅から東に向かった天王洲周辺をはじめ、この周辺は元々は倉庫街として有名な地域でした。しかし賃貸オフィスビルやタワーマンションの建築ラッシュを経て、近年ではオフィス街としての一面が強くなってきています。大型ビルが並んでおり、広いフロアのオフィスの獲得にも向いている地域です。

また、羽田空港へのアクセスにも優れており、グローバル企業からも注目を集めています。

北品川駅周辺のおすすめオフィス物件

コストパフォーマンス抜群 / 紀伊国屋ビル
紀伊国屋ビル
画像引用元:テイクオフィス
(https://www.take-office.co.jp/detail/162144.html)
物件所在地 品川区北品川2丁目
アクセス 京浜急行「北品川駅」徒歩10分
京浜急行「新馬場駅」徒歩5分
月賃料 400,000円
坪単価:6,667円
面積 60坪

【仲介手数料無料】注目の格安物件。駅からの距離はありますが、相場をかなり下回る坪単価6千円台の物件は品川周辺エリアではなかなか出ない水準で、とてもコストパフォーマンスの高い賃貸オフィスです。1階にはスーパーマーケットが入居しており、なにかと便利です。

オフィス仲介会社「テイクオフィス」HPで物件の詳細を見る>>

※2017年11月時点でのデータです。最新情報は公式HPにてご確認ください

コンパクトな1フロア1テナント / 松風ビル
松風ビル
画像引用元:オフィス移転navi
(https://www.officeiten.jp/bld/148402.html)
物件所在地 品川区北品川1丁目
アクセス 京浜急行「北品川駅」徒歩7分
JR「品川駅」徒歩9分
月賃料 380,270円
坪単価:11,000円
面積 34.57坪

八ツ山通り沿いに立地する、7階建てのコンパクトな賃貸オフィスビル。1フロア1テナントが基本的な設計となっており、あらゆるビジネスシーンにおいて使いやすい造りになっています

オフィス仲介会社「オフィス移転navi」HPで物件の詳細を見る>>

※2017年11月時点でのデータです。最新情報は公式HPにてご確認ください

品川駅も徒歩圏内の駅近物件 / 第3小池ビル
第3小池ビル
画像引用元:officee
(https://officee.jp/line/station_5129/)
物件所在地 品川区北品川1丁目
アクセス 京浜急行「北品川駅」徒歩2分
JR「品川駅」徒歩10分
月賃料 600,000円
坪単価:12,000円
面積 56坪

【仲介手数料無料】北品川駅至近。品川駅からも徒歩でアクセスできる好立地賃貸オフィスです。開放的な眺望が広がっており周辺環境にも恵まれています。

オフィス仲介会社「officee」HPで物件の詳細を見る>>

※2017年11月時点でのデータです。最新情報は公式HPにてご確認ください

品川エリアの狙い目スポット②「泉岳寺駅」周辺

泉岳寺駅は京浜急行、都営浅草線の停車駅です。北品川駅と同様に、JRが発着しない駅周辺には狙い目となる掘り出し物オフィスが多い傾向にあります。

泉岳寺駅の場所は品川駅と田町駅の中間あたり。住所でいうと「港区高輪2丁目」となります。泉岳寺境内には赤穂浪士が眠り、忠臣蔵の聖地としても知られています。

オフィス賃料相場

オフィス賃料相場について、品川駅と比較してみていきましょう。表は共益費込みの坪単価となります

  20坪~30坪 30坪~50坪 50坪~100坪
品川駅 15,400円 13,700円 19,900円
泉岳寺駅 10,400円 12,900円 16,300円

※出典:officee(2017年9月調べ)

算出時の相場価格となります。品川駅と比較すると相場価格は抑えられているので、入居しやすい賃貸オフィスも見つけやすいでしょう。

山手線新駅開業を控えたいまが狙い目

泉岳寺駅は、2020年に開業する山手線新駅予定地のすぐそば。再開発のまさに中心に立地しています。その土地開発規模は13ヘクタールにも達しており、賃貸オフィスビルの着工も開始。巨大なビジネスチャンスが創出される地域として注目を集めています。今後の賃料相場のアップも見込まれるため、移転するタイミングとしては、オリンピック開催前のいまが最適といえるでしょう。

※山手線新駅について詳しくはこちら

街の急激なスケールアップに伴い、インフラ整備も進んでいます。特にかねてから問題視されていたラッシュ時の混雑を解消すべく、東京都交通局より機能強化ガイドラインが発表されています。

“泉岳寺駅は、現状でもホーム(幅員5メートル)がラッシュ時に混雑しており、今後、周辺開発により利用者が大幅に増加することが見込まれます。
このことから、駅利用者の安全性・利便性の向上や交通結節機能の更なる強化を図るため、ホームの拡幅など泉岳寺駅の大規模改良を進めていきます。“

ー東京都ホームページより引用
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/11/20pb6200.htm

主要オフィス街を横断する都営浅草線が発着

泉岳寺駅は京浜急行のほか、都営浅草線も発着しています。新橋や銀座、日本橋、人形町をはじめとする主要オフィス街に直接リーチする都営浅草線は、ビジネスシーンにおいて非常に利便性の高い路線です。

賃貸オフィスの立地条件によっては品川駅も徒歩圏内に位置するため、アクセス面に関しては申し分のない環境です。

泉岳寺駅周辺のおすすめオフィス物件

徒歩2分の駅チカ賃貸オフィス / テイケン東京ビル
テイケン東京ビル
画像引用元:テイクオフィス
(https://www.take-office.co.jp/detail/221676.html)
物件所在地 港区高輪2丁目
アクセス 都営浅草線「泉岳寺駅」徒歩2分
東京メトロ南北線「白金高輪駅」徒歩13分
月賃料 506,400円
坪単価:16,000円
面積 31.65坪

【仲介手数料無料】泉岳寺駅から徒歩2分、白金高輪寄りの好立地賃貸オフィスです。品川駅へも15分ほどで歩けます。第一京浜沿いに建ち、コインパーキングもオフィスすぐそばにあるので、車でのアクセス・来客の際も不便はありません。ビル使用は24時間OK。低階層には60坪ほどのさらに広い占有面積の部屋もあります。

オフィス仲介会社「テイクオフィス」HPで物件の詳細を見る>>

※2017年11月時点でのデータです。最新情報は公式HPにてご確認ください

周辺環境と室内設備が充実 / プレクスビルディング
プレクスビルディング
画像引用元:officee
(https://officee.jp/)
物件所在地 港区三田3丁目
アクセス 都営浅草線「泉岳寺駅」徒歩8分
JR「田町駅」徒歩10分
月賃料 非公開
面積 74.56坪

【仲介手数料無料】こちらも第一京浜沿いの賃貸オフィスです。室内に男女別トイレ、給湯スペースが備わった、使いやすいオフィスです。オフィス機器や家具を取り扱う「オフィスバスターズ」が1階にあるので、移転の際をはじめなにかと重宝しそうです。隣の建物にはファミリーマートがテナント入りしています。

オフィス仲介会社「officee」HPで物件の詳細を見る>>

※2017年11月時点でのデータです。最新情報は公式HPにてご確認ください

2015年にリニューアル / 三田日東ダイビル
三田日東ダイビル
画像引用元:スリーウェーブ
(http://www.threewave.co.jp/search_line/99302/9930208/125-00070.html)
物件所在地 港区三田3丁目
アクセス 都営浅草線「泉岳寺駅」徒歩4分
JR「田町駅」徒歩11分
月賃料 非公開
面積 55.18坪

築年数は30年ほどとなりますが、2015年にリニューアル。外観も内装も美しい造りに生まれ変わった賃貸オフィスです。各オフィスの専有面積は20坪台から100坪台までさまざま。あらゆる規模の企業に対応されています。エレベーターは3基設置。

オフィス仲介会社「スリーウェーブ」HPで物件の詳細を見る>>

※2017年11月時点でのデータです。最新情報は公式HPにてご確認ください

田町エリア

東京ベイエリア

アクセスのよさ

隣にインフラ設備が充実した品川があり、品川駅から電車で3分の距離にあるというのは大きな魅力の一つです。浜松町や新橋へのアクセス良好です。

また、田町エリアにはJR田町駅と三田駅があり、それぞれ京浜東北線、山手線と浅草線、三田線が乗り入れるので、都内の広い範囲へ簡単にリーチできます。

都心主要駅である新宿駅へは約22分、池袋駅へは約30分、渋谷駅までは約16分で向かうことができ、東京駅まではわずか6分で移動可能と品川同様抜群のアクセスを誇ります。

このエリアの特徴

田町駅西口周辺には三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行など大手銀行の支店が構えており、徒歩圏内には郵便局18店舗が点在していて、三田方面には税務署もあるので、オフィスを構えるには利便性の高い土地であるといえます。

田町駅西口を出て徒歩5分ほどの地点には飲食店街があり、下町感あふれたリーズナブルでおいしい飲食店が軒を連ねています。

また、夜10時まで営業しているスポーツセンターや、漫画喫茶、Barもあるので、

仕事終わりの息抜きや、残業終わりで疲れた体もリフレッシュできるのではないでしょうか。

リニア新幹線開通!品川が東京の副都心に発展

品川⇔名古屋間を40分ほどでつなぐリニア中央新幹線開業の発表を受け、ますます品川駅周辺エリアへの注目度は高まり、ビジネスシーンにおいても熱い視線が注がれています。

日本の新たな大動脈となるリニア新幹線の発着駅として、品川は丸の内や新宿と並ぶ中核都市に成長すると目されており、今後のさらなる発展、賃料相場の上昇が確実視されているといって間違いありません。

リニア開通10年前から品川が注目される理由

リニア新幹線の開業予定は東京五輪のさらに先となる2027年。現段階ではまだまだ先のことにも思えますが、周辺地域の再開発も含め、すでに都市力は急上昇フェーズに入っています。

その理由はリニア新幹線だけにとどまりません。品川・田町間に誕生を控える山手線新駅はもちろん、羽田空港における国際線の増便も主要因に挙げられます。上野東京ライン開通もその後押しとなっており、都市交通の要所としての地位はすでに確立済み。南北線と三田線の品川への延伸も検討されており、リニア新幹線開通を待たずとも周辺の活発化は急ピッチで進んでいるのです。

リニア新幹線開通は地価にも影響

地価の推移も都市力の上昇を如実に図る指標となっています。商業用地における対前年比上昇率は10%を超える水準で推移しており、広域で見ても武蔵小杉や豊洲とともにトップ集団を形成しています。コクヨや富士通をはじめ、大手企業の品川への社屋移転も続いており、ビジネス街としての機能集中はますます進むと思われます。

品川~田町間に山手線新駅が誕生

なんと40年ぶり!新駅が2020年開業

ビジネス街として品川・田町エリアの注目度が近年急上昇している大きな理由として、2020年をメドに予定されている山手線新駅の誕生が挙げられます。

山手線に新駅が追加されるのは40年ぶり。昭和46年の西日暮里駅開業以来の出来事となります。品川駅へのリニア発着計画も含め、周辺エリア一帯の存在感および地価相場がますます高まっていくのは間違いありません。

超大型開発で生まれる「新たな街」

ただ新駅が誕生するだけで話は終わりません。いままさに同時進行している大規模駅前開発の規模は、なんと13ヘクタールに及びます。東京ドーム2.8個分にもなる巨大な敷地は、六本木ヒルズや東京ミッドタウン、恵比寿ガーデンプレイスをはるかに凌ぐスケールです。ここまでの規模となると、新たな街が生まれると考えて差し支えありません。

賃貸オフィスも入居する複合テナントビルも着工

新駅はいままで車両基地として使用されていた場所に開業されます。タワーマンションが立ち並ぶ芝浦エリアにもほど近く、周囲には大変な賑わいとビジネスチャンスが創出されるでしょう。

賃貸オフィスやショップが入居する複合ビルの開発も着工されており、東京オリンピックのタイミングを目指し、工事は急ピッチで進んでいます。施設の開業が続くにつれて、地域全体の相場価値もますます飛躍的に伸びてくると思われます。

まとめ

品川・田町エリアはとにかくインフラが充実していて、外資系企業が目立ちます。

都内はもちろん、各地方の主要駅へ直通している東海道新幹線が乗り入れ、羽田・成田空港へのアクセスも良好です。

近年、まだまだ外資系企業の誘致・参入も続いており、賃料の上昇も見込まれます。

今後、更なる発展が期待できる地域の一つになっているといえるでしょう。

おすすめオフィス物件@品川・田町エリア

品川・田町エリアのおすすめ物件#1
おすすめ物件#1
画像引用元:東京オフィス検索公式サイト
(http://of-tokyo.jp/building/クロスオフィス三田/77215/)
物件所在地 東京都港区芝
アクセス JR「田町」駅徒歩3分
月賃料 807,000円
面積 21.56坪
この物件を取り扱っているのは…東京オフィス検索
品川・田町エリアのおすすめ物件#2
おすすめ物件#2
画像引用元:テイクオフィス公式サイト
(https://chintai-takeoffice.jp/detail/197253.html)
物件所在地 東京都港区芝浦
アクセス JR「田町」駅徒歩5分
月賃料 351,000円
面積 32.50坪
この物件を取り扱っているのは…テイクオフィス
品川・田町エリアのおすすめ物件#3
おすすめ物件#3
画像引用元:オフィス移転navi公式サイト
(http://www.officeiten.jp/detail/3/30009/159174.html)
物件所在地 東京都港区港南
アクセス JR「品川」駅徒歩5分
月賃料 555,000円
面積 30.00坪
この物件を取り扱っているのは…オフィス移転navi

関連記事

東京都内主要エリアの賃貸相場&おすすめ賃貸オフィス>>

賃貸オフィスの仲介会社おすすめ5選
賃貸オフィスの仲介会社おすすめ5選