東京の賃貸オフィス探しナビ » コストを削減!格安オフィス移転術 » 仲介手数料無料の仲介会社を利用する

仲介手数料無料の仲介会社を利用する

オフィス移転にあたって必要となる「仲介手数料」を完全無料として取り扱っている会社についてまとめています。これから仲介会社を選ぶという方は要チェックです。

経費軽減はイニシャルコストの見直しから

オフィス移転にあたり、すべての費用をトータルで見てみると、想定していた以上の大きな額になってしまいがちです。コストを削減するためにまず考えたいのが、イニシャルコストのひとつである「仲介手数料」をカットすること。移転費用をどこで削減しようか悩んでいる場合は、まずはここから見直してみるといいでしょう。

オフィス移転で発生するイニシャルコスト

主要な項目ごとに、オフィス移転の際に発生するイニシャルコストについてまとめました。これらはあくまでも一般的な例となりますので、会社の規模や業態によっては、さらなる加算も覚悟しなければなりません。

賃貸契約費用

新しいオフィスの賃貸借契約時に必要な費用です。不動産会社に支払う仲介手数料の他、ビルのオーナーに預ける保証金や敷金・礼金などがあります。

内装費用や装備調達

新しいオフィスの内装工事や電気工事、LAN・電話工事などといった工事費用や作業費用のこと。また、新しくパソコンや机を発注するとなると、追加料金も必要となります。

古いオフィスの退去費用

オフィスを退去し他のオフィスへ移動する場合は、元の状態に戻して移動しなければなりません。そのため、原状回復工事費が必要となります。また、パーテーションを撤去したり、廃棄するにもコストが必要です。パーテーション(4500mm×2700mm)だと撤去費用に30万~60万かかります。

登記変更の費用

「本店」が移転する場合は、法務局へ旧本店所在地と新本店所在地の届け出が必要です。同一管轄区域内だと登録免許税3万円、管轄区域外だと旧本店所在地・新所在地両方の法務局への申請が必要なため6万円が必要となります。

印刷物にかかる費用

封筒や名詞。発行物に記載されている住所の変更が必要です。また、自社のサイトを業者に委託している場合、住所やアクセスなどの基本的な情報を修正するための費用もかかります。

仲介手数料はどれくらいかかるのか?

月額賃料の1ヶ月分が上限

仲介業者を通して物件を紹介してもらった際に発生する仲介手数料は、月額賃料の1ヶ月分が上限。これは宅地建物取引業法で定められていることなので、この規定が守れていない業者は宅建業法違反となります。例えば月額賃料が100万円の物件なら、仲介手数料は消費税を含め108万円の支払いを覚悟しなければなりません。

仲介手数料がかかる理由

効率的に良い物件を見つける方法として、仲介業者の利用は欠かせません。オフィス利用できる物件は、空室になったり埋まったりと変動が激しいため、最新の情報を持っている仲介業者は非常に心強い存在です。その紹介してもらった仲介業者への手数料として仲介手数料が発生するのです。

しかし、中には仲介手数料が発生しない会社もありますので、必ずしも払わなければならないというわけではありません。仲介手数料が無料だと儲けがないため「適当な物件を紹介されるのでは?」と心配するところですが、この場合は不動産仲介業者はビルのオーナーから直接仲介手数料をいただいています。手数料がないからといって紹介してもらう物件の質が下がることはありません。「費用をできるだけ抑えたい」という場合は、仲介手数料無料の会社の利用をおすすめいたします。

仲介手数料無料の仲介会社

数ある仲介会社の中から、仲介手数料無料の会社を3社ピックアップしました。こちらの3社のサイトに掲載されている賃貸オフィス物はすべて仲介手数料無料にて契約できます。

テイクオフィス

テイクオフィス

全ての物件を仲介手数料無料に設定しているテイクオフィス。空室オフィスを7,000件以上用意しており、そのうち駅から徒歩5分圏内の物件は実に4,000件オーバー。さらにオーナーサイドの事情で一般公開できない非公開物件を約5万件持っているように、幅広く物件を選べます。フリーレント交渉にも強みを持っている仲介会社です。

公式サイトでテイクオフィスの取り扱い物件を見る>

東京オフィス検索

東京オフィス検索

非公開物件を持たず、所有する情報の全てが公開物件なのでwebサイトからより多くの情報が得られる東京オフィス検索。さまざまなニーズに合った物件が探せます。山手線内と沿線の都心部にある物件を中心に取り扱っており、仲介手数料は無料です。

公式サイトで東京オフィス検索の取り扱い物件を見る>

officee(オフィシー)

オフィシー

手厚いサポートが魅力のofficee。宅建資格を取得したスタッフが7割を占める割合で在籍しているのは信頼できるポイントです。物件探しでは専任のコンサルタントが利用者それぞれのニーズに合致した物件を探してくれます。更に仲介手数料無料と、サポート体制もばっちりです。

公式サイトでofficeeの取り扱い物件を見る>

コストを削減!格安オフィス移転術>>

賃貸オフィスの仲介会社おすすめ5選
賃貸オフィスの仲介会社おすすめ5選