より良いオフィスの選び方

このページでは、失敗しないためのオフィス移転マニュアルとして、よりよいオフィスの選び方についていくつかポイントをまとめてみました。

知っておきたいオフィス選びのポイント

ポイント1【ロケーション】

よりよいオフィスの条件のひとつしてあげられるのが、ロケーション。つまり、オフィスの立地です。

社員・スタッフが通勤しやすいか、営業や取引先へ出かけやすいかなどのアクセス面の充実は、いいオフィスの重要なファクターでしょう。とくに、取引先からの来訪が多いオフィスでは、駅から近い、ランドマークとなるわかりやすい目印がある、来客専用駐車場があるなども欠かせない要素です。

こうした面から、複数の路線が使える、駅から近い、駐車場がある、といった条件で物件選びを進めることが重要です。

銀行などの金融機関や郵便局が近くにあると、何かと便利ですし、社員がお昼休憩を取りやすい飲食店が多いエリアだとなおよしでしょう。

また、都内の一等地や人気エリアにオフィスを構えることができれば、企業ブランドを高めることができます。

ポイント2【広さ・設備】

広さが充分にあり、設備も充実していることも、よりよいオフィスの条件。

予算との兼ね合いもありますが、社員が増えたり什器や機器が増えたりしても対応できるよう、将来を見越してゆとりを持った面積の物件を選ぶと安心です。

広さにゆとりがあれば、レイアウトの自由度も高まります。

インフラなどの設備も新しいものを導入しているなど、積極的に設備投資している物件であれば業務効率もあがるでしょう。

男女別のトイレ、細かい設定ができる空調、エレベーターの広さと数、給湯室の有無、セキュリティの高さなど、より設備の整ったオフィスを探してください。

ポイント3【賃料・コスト】

いいオフィスであれば、相応の賃料・コストはかかります。「掘り出し物」といわれるような、相場外の格安賃料はまずないと思ってください。

ですが、そのなかでも条件的に借主にやさしい物件も存在します。

たとえば、賃料は相場並みでも管理費・共益費が控えめである、契約期間が長い、光熱費や通信費が賃料に含まれている、オーナーの人柄がよく何かと融通が利く、などほかの物件より少しでも優位な条件の物件はあるものです。

いずれにせよ、わたしたち不動産の素人がこうした物件を一から探すとなると相当な労力が必要となります。

よりよいオフィスによりよい条件で入居するには、オフィスの移転に強みをもつ仲介会社の存在が不可欠。

良心的な仲介会社であれば、物件探しや仲介だけでなく、オフィス移転にかんするさまざまなアドバイスをくれたり相談にのってくれたりもするので、活用しない手はありません。

いいオフィス選びはいい仲介会社選びから、ともいえるでしょう。

指icon東京でおすすめの賃貸オフィス仲介会社をチェック>>

賃貸オフィスの仲介会社おすすめ5選
賃貸オフィスの仲介会社おすすめ5選