移転するために必要な費用

失敗しないためのオフィス移転マニュアルのうち、このページでは移転するために必用な費用について見ていきましょう。

オフィスの移転にかかってくる費用とは

多くの方がオフィスの移転で気になるのは、やはり費用ではないでしょうか。賃料のコストカットでオフィス移転を検討している企業の担当者なら、なおさらでしょう。

会社の規模が大きければ大きいほど、移転費用も膨大になるもの。当然、ワンルームの引っ越しとはわけが違います。

オフィス移転にかかってくる費用をおおまかに見てみると、次のようなコストが必要です。

  • ランニングコスト
    オフィスの賃料(家賃・共益費)、設備保守費、警備・セキュリティ費、水道光熱費、清掃費など、オフィスの運営に毎月必要なコスト。
  • イニシャルコスト
    退去工事、入居工事、通信・インフラ整備、移転作業など、移転時にかかるコスト。

ランニングコストには、駐車場賃料やレイアウト変更など各社の事情に応じて必要なコストも入っています。

イニシャルコストは一時的な出費ですが、ランニングコストは定期的な出費で会社のキャッシュフローに直結する費用です。

そのため、現在入居しているオフィスのランニングコストと転居後のランニングコストを見合わせ、収支バランスに影響の出ないような物であることは必須。ここで背伸びして移転してしまうと、業績に悪影響を与えかねません。

また、イニシャルコストもないがしろにはしないこと。

たとえば、オフィスの移転費用は社員一人あたり2~3万円が相場。退去工事(原状回復工事)費用の目安は一般的に坪単価2.5万円~3万円、タワービル内のオフィスなどでは4万円~5万円といわれています。

インフラ整備や移転などのコストはみなさん忘れることはないでしょうが、意外と忘れがちなのが名刺のコスト。オフィスの所在地や電話番号などが変わるため、当然、名刺も全社員分を刷新する必要があります。

それから、いらなくなった備品などの廃棄費用も忘れないでください。こちらのほうは、2tトラック1台あたり8万円が廃棄費用の相場とされており、できるだけゴミのでないようにするのも移転コストカットのポイント。

複合機もカラー印刷し放題で定額のものへ変える、プロバイダーを低価格な業者へ変更するなど、移転にあわせてコストカットを導入するのもおすすめです。とくに通信関連で機器の入れ替えを伴うものについて、オフィス移転は最高のタイミングだといえるでしょう。

賃貸オフィスの仲介会社おすすめ5選
賃貸オフィスの仲介会社おすすめ5選