東京の賃貸オフィス探しナビ » 失敗しないためのオフィス移転マニュアル » 賃貸オフィスを借りる際に掛かるコストについて

賃貸オフィスを借りる際に掛かるコストについて

会社経営をする上では充実した設備が整っている環境を準備することが必要になります。これから新たに賃貸オフィスを借りて引越しする際にどのようなコストが掛かるのでしょうか。

準備しなければならない予算の把握と引越し計画を立てると共に、コストを削減するための賃貸オフィスの探し方について確認しておきましょう。事前に全体像を把握した上でコストを減らせる不動産屋を選ぶことが重要になります。

賃貸オフィスを借りる費用は?

計算機

賃貸オフィスを借りるときには初期費用として莫大な予算が必要になります。

敷金や礼金は物件によって金額が異なりますが、敷金は賃貸オフィスの場合には高額になりがちです。敷金は主に原状回復のために使用される費用としてオーナーに預けておくものであり、多い場合には一年分近い賃料になります。礼金は謝礼として渡すお金に相当するもので賃料の一ヶ月分から半年分程度が通常です。

賃料や管理費の前払いも必要になる場合が多く、それぞれ一ヶ月分程度を契約の時点で請求されるでしょう。また、不動産屋に対して仲介手数料を賃料で半月分から一ヶ月分程度は払うというのが一般的になっています。

この他にも火災保険料として小さなオフィスでも2万円程度、大きなオフィスの場合には20万円程度がかかるでしょう。これに加えて連帯保証人が立てられない場合には保証会社の利用料として賃料一ヶ月分程度が必要になります。総じてみると高額になることは否めないでしょう。

賃貸オフィスを借りるために必要な準備は?

会議室

借りる賃貸オフィスを決めるためにはオフィスの規模としてどの程度のスペースが必要であるか、どのような立地が妥当を考えておかなければなりません。

人数に応じてどれだけのデスクスペースがあるのが適切で、オフィス家具や機器類を揃えるのに必要十分なのはどの程度の面積かをまず調べなければならないでしょう。オフィスでどのような業務を行うかによって必要な広さにも違いがあるため、これから行う事業展開も想定した上で決めることが重要になります。

会議室や休憩室、応接室などの準備も必要な場合には部屋の数も考慮することが不可欠であり、まずは全体像を決めてから物件を探し始めることが大切です。そして、オフィスを実際に手配するには仲介を依頼する不動産屋を適切に選び出すことが欠かせません。

予算に応じてコストをいかにして安くするかを念頭に置きながら、賃貸オフィスとして想定しているスペースや立地の物件を扱っているかどうかを確認するのが準備として必須です。

コストを抑えるために、仲介手数料無料の不動産屋を活用

問い合わせ

オフィス家具などを整えてオフィスを作り上げる予算も考慮しなければならないことを念頭に置くと、賃貸オフィスに掛かるコストを抑えることを意識する必要があります。

少しでもコストを抑えるためには初期費用の中で削減できるものをギリギリまで減らすことであり、仲介手数料に着目してみると良いでしょう。不動産屋によっては仲介手数料無料で賃貸オフィスの仲介を行ってくれるため、不動産屋の選び方次第で初期費用が大きく変化します。

仲介手数料は仲介をしてもらう以上は払わなければならないものと考えられてしまいがちですが、法律上では上限額が定められているだけであることに加え、借り手からも貸し手からも請求することができるものです。そのため、不動産屋が貸し手から仲介手数料を申し受けるという仕組みで仲介を行えば仲介手数料無料にすることができます。不動産屋は借り手にこのようなサービスを提供することで他社との差別化を図っています。

仲介手数料無料の不動産屋の探し方

検索

仲介手数料無料で賃貸オフィスを扱っている不動産屋を見つけるために簡単なのはインターネットで検索する方法です。オフィスと仲介手数料無料をキーワードとして検索すればいくつもの不動産屋がヒットするでしょう。

一般的な検索エンジンを使って上位にあるサイトであれば頻繁にアクセスを受けているので利用している企業も多く、比較的信頼性がある不動産屋だと考えることが可能です。ただし、中には全ての賃貸オフィスについて仲介手数料無料とするわけではなく、一部だけ仲介手数料無料としている不動産屋もあるので注意しましょう。その場合にはオフィス物件を専門に扱っている不動産屋を探した上で問い合わせをしてみるのが賢明です。

自社物件のように仲介手数料がもともとかからない物件を抱えている不動産屋も多いですが、はっきりと簡単に検索できることはなかなかないため、直接電話やメールなどを使って聞いてみるのが最も確実で早い方法になるでしょう。

まとめ

賃貸オフィスを準備するには敷金や礼金、仲介手数料などの大きな初期費用がかかり、オフィスを作り上げるための予算も考えるとコスト削減をしなければならないでしょう。

仲介手数料無料の不動産屋を利用するとコストが下がるので、まずは不動産屋を選ぶことを重視するのが賢明です。

敷金や礼金についても安くしている賃貸オフィスがあるので、仲介手数料無料という条件と合わせて探してみると初期費用の大幅な削減が実現できるでしょう。

 

賃貸オフィスの仲介会社おすすめ5選
賃貸オフィスの仲介会社おすすめ5選